2013年07月10日

VRayMtl BRDFの違い

VRayマテリアルにはBRDFにPhong、Blinn、Wardの3タイプがある。

何が違うかっていうと微小面の分布予測の計算方法が違うらしい。
調べたところ
Phongは計算が簡略化されたモデル。
BlinnはPhongの改良版。
Wardはそれなりに物理的に正確。
という感じらしい。

Phongはプラスチック、Wardは金属に向いていると聞いたが実際どう違うのか
それぞれGlossinessの値をアニメートして比べてみた。





スペキュラー




リフレクション




Phongはかなり急に反射ぼかしが変化してる。
Wardは滑らかに変化してる。
Blinnは中間。

Wardは反射ぼかしのコントロール幅が広いので金属に良さそう。
Phongでは細かいコントロールは難しそうだ。
でもつるんとした物に使う分には問題なさそう。

レンダリング時間はWardが若干重いけど気になる程ではないと思う。
posted by KAZZ at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70737716

この記事へのトラックバック