2012年07月22日

VRay IrradianceMapの検証 9

今回はDMC SamplerのAdaptive Amountの検証。
Adaptive Amountは最適化範囲で、ちゃんと計算するサンプリングポイントの割合を決める感じ。
1.0で完全な最適化を行う。レンダリングも最速。
0.0は最適化しない。もちろんレンダリングは遅くなる。
デフォルトの値は0.85




今まであまりDMC Samplerの値はいじったこと無かったんだけど結構変わる。
1.0だとかなり汚い。
0.5ぐらいまでは分かりやすくノイズが減っている。
0.25以下はあんまり変わらない感じ。
レンダリング時間は、1.0の時約13秒で0.0の時は約1分。
かなり増えてしまいます。
DMC Samplerはアンチエイリアスやエリアライト、反射ぼかしなんかにも影響を与えるので実際のシーンだともっと劇的にレンダリング時間が増えてしまうかもしれない。

シーンと相談しながらほどほどの値にするのが良いかも。
posted by KAZZ at 04:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 実験
この記事へのコメント
見てます。超参考にさせていただいています。ありがとうございます。
Posted by at 2013年04月17日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57171306

この記事へのトラックバック